医療保険の使い方

介護保険との併用可能

歩行困難な方は訪問料(往療料)も保険より支給


腰痛症、五十肩、神経痛、リウマチ、頸腕症候群、頸椎捻挫後遺症、大治町、鍼灸

○鍼灸の保険について

 鍼灸の保険支給対象疾患

・腰痛症、五十肩、神経痛、リウマチ、頸腕症候群、頸椎捻挫後遺症など。(慢性病で医師による適当な治療手段がないもので、慢性的疼痛を主症とする疾患)

 鍼灸保険支給対象外になる場合

・同一傷病で病院にて治療を受けている場合。(投薬や貼付薬を受けている場合も治療となります)ただし診察・検査及び療養費同意書交付を除く。

・同一傷病で柔道整復(接骨院)やあんまマッサージの施術があった場合。

 

○マッサージの保険について

 マッサージの保険支給対象症例

・筋麻痺、関節拘縮など。 (一律にその診断名によることなく医療上マッサージを必要とする症例)

 マッサージの保険は病院の治療と併用可能

・同一傷病で病院にて治療を受けていても保険使えます。

 

以下にある同意書をダウンロードして、医師に同意記入して頂くと保険が使用できます。

ご来院の際に同意書はんこ保険証をお持ちください。

 

※健康保険治療料金は国が定める金額です(全国共通)

平成30年10月1日より同意書の有効期限は3か月から6か月になりました