朝食・東洋医学・大治町

朝食はとるべき論、が最近は多いですね。東洋医学では、朝は排泄の時間なので、朝食はとらないほうがいいとよく言います。しかし朝食をとることによって、胃腸が活動し排泄を促すとも。問題なのは、食事後すぐに交感神経を高めることをして不調になることですね。牛になりましょう。一日の食事の量や回数は、運動量が多い人は多く食べ、運動量が少ない人は少なく食べ、が基本です。